【2023年最新】おすすめのクーラーボックス 失敗しないクーラーボックスの選び方 (ハードタイプ編)

キャンプ

キャンプやハイキングのアウトドアに欠かせないクーラーボックス

でもサイズや素材など多くのメーカーから様々なタイプのクーラーボックスが発売されていて、どれを買ったらいいか迷ってしまう人も少なくありません。

キャンプ日数、利用人数などによってもクーラーボックスの選び方は変わってきます。


この記事では素材やタイプ、必要となる大きさの違いを詳しく説明していきます。

素材やタイプの違いを理解して、自分のキャンプスタイルに合ったクーラーボックスを探してみましょう。

おすすめの商品は《ハードタイプ》にスポットをあてて紹介していきます。

最後にクーラーボックスを上手に使うコツも紹介していますので、ぜひ最後まで読んでみて下さい。




《 アウトドア好きの人に一緒に読んでほしい記事 》

【2023年 最新】初心者の方にもおすすめ 最低限持って行くべきキャンプギア(釣りキャンプにもおすすめ)
最近のテントや寝袋、焚き火台などの進化は凄まじく、おしゃれで機能性も高く軽量のギアも沢山発売されています。でもどんな基準で商品を選んでいいか迷いますよね。今回はキャンプを楽しむ際に最低限必要なアイテムを、値段別で紹介していきます。




【2023年最新おすすめテント特集】初心者の方も失敗しないテントの選び方。購入前に知っておきたいテントの違いを解説!
キャンプを始める上で、まず必要となってくるのがテントです。 気温が低い時はもちろんの事、夏場も蚊などの害虫から守ってくれ、突然の雨も安心して避難することができます。 テントといっても『種類】『素材』『大きさ』など様々なタイプのものがあります





【最新】あると便利なキャンプ道具特集《調理グッズ編》 機能性とオシャレ度もアップでキャンプをもっと楽しもう
今回はキャンプで活躍してくれる調理便利アイテムをまとめてみました。いつも持って行っているアイテムに追加することで、もっと便利でオシャレ度アップのキャンプを楽しめます。今からキャンプを始める方、キャンプがマンネリ化している方は是非参考にしてみてください。





【最新 】あると便利なキャンプ道具特集《小物・収納グッズ編》 機能性とオシャレ度もアップでキャンプをもっと楽しもう
今回はキャンプで活躍してくれる小物・収納便利アイテムをまとめてみました。いつも持って行っているアイテムに追加することで、もっと便利でオシャレ度アップのキャンプを楽しめます。今からキャンプを始める方、キャンプがマンネリ化している方は是非参考にしてみてください。


最初に決める事


クーラーボックスといっても素材や大きさ保冷能力など様々なものがあります。

選ぶ前にまずは皆さんがクーラーボックスを選ぶシチュエーションを想像してみましょう。



①何人で使うのか
まず決めるのは利用する人数です。

目安として大人一人が1泊2日で必要とする量は、おおよそ15Lと言われています。

ソロキャンプでしたら15Lくらいのもので十分ですし、4~5名のファミリーキャンプでしたら50~60Lくらいは必要となってきます。



②利用日数は何日か

利用日数により一人あたりの必要な食材の量が決まってきます。

1~2人のキャンプでも2泊以上の場合は中型の物が必要となってきます。



③何を入れるのか

料理メインのキャンプだとそれなりの食材が必要となってきます。

料理内容によっては食材だけではなくマヨネーズやケチャップ等の調味料も必要となってきます。

料理をどこまで凝るかによってもサイズが変わってきます。

調味料などは100均で売っている小さな入れ物に移し替えて、必要な分だけ持って行くようにしてできるだけ荷物を少なくしましょう。

クーラーボックスの選び方

キャンプで使うクーラーボックスを選ぶ際のポイントは①素材 ②タイプ ③サイズ ④持ちやすさの4つになります。

クーラーボックスは収納の場所を取ってしまうキャンプギアです。

何個も無駄に買いなおす羽目にならないように違いを理解してから、自分に合ったクーラーボックスを探してみましょう。

素材から選ぶ

クーラーボックスの素材は3つのタイプに分けることができます。

メリットデメリット
発泡スチロール・価格が安い
・手に入りやすい
・断熱性が低い
発泡ウレタン・商品数が多い
・発泡スチロールよりは断熱性が高い
真空断熱パネル・断熱性が一番高い・値段が高い


発泡スチロール

発泡スチロールのメリットは価格が安く軽い事です。

100均などでも売っていて手軽に手に入ります。

ただし断熱性が低いので短時間の利用や、外気が低い冬場だったらクーラーボックスとして使えます。

外気温が高い夏場のキャンプには不向きで、利用する際も中の氷などの保冷材が切れていないかチェックが必要です。

発泡スチロールはメインクーラーではなくサブクーラーボックスとして使いましょう

発泡ウレタン

多くのクーラーボックスに使われている素材です。

価格も安いものから高いものまで幅広く様々なメーカーから発売されています。

発泡スチロールに比べ断熱性も高いので、キャンプ利用者にはおすすめの素材です。

真空断熱パネル

出典先:amazon

釣り具メーカーから多く発売されているタイプで断熱性に優れています。

クーラーボックス内に使われている真空断熱パネル数(1枚~6枚)によって値段と断熱性が変わってきます。

値段も発泡ウレタンに比べると高くなってしまいます。

2~3泊以上のキャンプや保冷剤を追加できないキャンプでは重宝しますが、保冷剤を追加できる通常のキャンプではここまでの性能はいらないかもしれません。

タイプから選ぶ

クーラーボックスのタイプはハードタイプソフトタイプの2種類に分けられます。

メリットデメリット
ハードタイプ・頑丈
・保冷力が高い
・椅子やテーブルに代用できる
・収納時に場所を取る
・クーラーボックス内にデッドスペースができやすい
ソフトタイプ・コンパクトに収納できる
・入れるものの形によって変形するのでデッドスペースが少なくなる
・保冷性が低い
・外からの衝撃に弱い


ハードタイプ

出典先:amazon

ハードタイプのクーラーボックスは頑丈で断熱性に優れ保冷力が高い事がメリットです。

また頑丈なため椅子やテーブルに代用できるのもポイントです。

食材などの傷みやすい食材はハードタイプのクーラーボックスに入れるとよいでしょう。

ハードタイプのクーラーボックスは夏場や1泊以上のキャンプに向いています。

デメリットは折りたたむ事が出来ないので自宅などでの収納時に場所を取る事です。

収納時にはクッカー等の他のキャンプ道具を中に入れ収納スペースが無駄にならないように工夫しましょう。

またハードタイプがゆえに食材などの入れる順序を考えないとデッドスペースが出来てしまい、必要な量を入れれなくなってしまいます。

小さい保冷材などを隙間に入れるなどして工夫して利用しましょう。

ソフトタイプ

出典先:amazon

ソフトタイプのクーラーボックスはコンパクトに折りたたむ事が出来るので、収納性に優れます。

キャンプでは折りたたんで持って行き、追加の食材を入れるサブバッグとしても活躍します。

収納性に優れるので防災時用に常備しておくと、万が一の時に役に立ちます。

また中に入れるものに合わせてある程度変形するので、ハードタイプに比べるとデッドスペースも少なくなります。

ソフトタイプのクーラーボックスはデイキャンプやハイキングなどに向いています。



デメリットは断熱性が低いため保冷性が低い事です。夏場キャンプのメインクーラーボックスとしては向いていません。

また外からの衝撃に弱いため、卵や形の崩れやすい食材を入れるのにも向いていません。

サイズから選ぶ

目安として大人一人が1泊2日で必要とする量は、おおよそ15Lと言われています。

ソロキャンプでしたら15Lくらいのもので十分ですし、4~5名のファミリーキャンプでしたら50~60Lくらいは必要となってきます。

ただしあまり大きなクーラーボックスを買っても使い勝手が悪くなるので、サイズより個数を増やした方が良い場合もあります。

大人数でキャンプの場合も60L以上のサイズを1つ準備するよりも30Lサイズを2~3個準備して、頻繁に開けるものとそうでないものを分けた方が保冷力は高まります。


また中の容量だけではなく高さや幅も重要です。

中に入れるものや車のトランクのサイズ、自宅の収納場所も考えて選びましょう。

ソロキャンプ2~3名4~5名
15L★★★××
30L★★★×
40L×★★
50L×★★
60L××★★★


持ち運びやすさで選ぶ

容量が大きくなると持ち運びも大変になるので、持ち運びやすさも重要な項目です。

飲み物を多く入れるクーラーボックスの場合、重量が大きくなるので入れるものによってタイプを選びましょう。

また持ち手が細いタイプは重いものを運ぶ際は手に食い込んでしまい使い勝手が悪くなります。

容量が大きいタイプのクーラーボックスは、できるだけ持ち手も太いタイプを選びましょう。

U字ハンドルタイプ

出典先:amazon

クーラーボックスでよく使われる一般的なタイプです。

片手で持ちやすいため小さいタイプのクーラーボックスに向いています。

ベイルハンドルタイプ

出典先:amazon

本体の両側から持ち手が伸びているタイプです。

両手で持つことができるので、中型サイズのクーラーボックスに向いています。


サイドハンドルタイプ

出典先:amazon

本体の両サイドにそれぞれ持ち手が付いているタイプです。

2名で運ぶ事ができるので、大容量サイズのクーラーボックスに向いています。


キャスター付きタイプ

出典先:amazon

スーツケースのように持ち手とキャスターが付いたタイプです。

重いものを入れても簡単に運べるので便利です。

ただし車から設営地まで砂利道や階段が多いキャンプ場には不向きなので、事前の確認が必要となります。

おすすめのクーラーボックス:ハードタイプ

30L以下のサイズ

サンカ クーラーボックス 17L

おすすめポイント
  • 値段が安い
  • 高性能断熱材使用でデイキャンプや1泊までのキャンプなら十分利用できる
  • 安心の日本製
  • 2.18㎏と軽量タイプ
  • クーラーボックス入門編としておすすめ

出典先:amazon

¥2,873 (2024/03/04 05:53時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

材質   :蓋・本体・ハンドル・バックル・ベルト/ポリプロピレン 蓋パッキン/発砲ポリエチレン 断熱材/発砲スチロール
メーカー : サンカ
◆商品寸法 : 長さ48×奥行き30×高さ32.5(cm)

◆ハンドル : ベイルハンドル
◆重さ   : 2.18㎏

◆容量   : 17L

出典先:amazon




コールマン ホイールクーラー 26L

おすすめポイント
  • 値段が安い
  • キャリーハンドル付きで移動がスムーズ
  • 容量の割には軽量
  • お子様のスポーツ応援時の利用として最適
  • 荷物を上に載せてキャリーカートとしても使える
  • 人気のコールマン社製
出典先:amazon

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

◆材質   : 発泡ウレタン、ポリエチレン
メーカー : Coleman(コールマン)
◆商品寸法 : 長さ49 x 奥行き33 x 高さ41※ハンドル利用時の高さ94(cm)

◆ハンドル : サイドハンドル キャスター付き
◆重さ   : 3.3㎏

◆容量   : 26L

出典先:amazon




STANLEY  新ラッチ クーラーボックス 15.1L

おすすめポイント
  • 天井面に取り外し可能なゴムが付いていて荷物を固定できる
  • ラッチ(留め具)は開けやすく密閉性も高い
  • 頑丈で壊れにくい
  • 断熱材が多く使われいて保冷力も高い
  • 創業100年を超えるアメリカの老舗
出典先:amazon
STANLEY(スタンレー)
¥15,180 (2024/02/16 00:20時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

◆材質   : 本体外側:高密度ポリエチレン、本体内側:ポリプロピレン、蓋:高密度ポリエチレン・ポリプロピレン、ハンドル:ポリプロピレン、ヒンジ:ナイロン、ラッチ:ポリプロピレン・TPE、パッキン:シリコーンゴム、コード:ゴム・ナイロン
メーカー : STANLEY(スタンレー)
◆商品寸法 : 長さ42×奥行き31×高さ28.5(cm)

◆ハンドル : ベイルハンドル
◆重さ   : 3㎏

◆容量   : 15.1L

出典先:amazon



タラスブルバ TBクーラーBOX 18L

おすすめポイント
  • 一体成型で高耐久、高断熱性のハードクーラー
  • 蓋部分のパッキンが気密性を高め保冷力が高い
  • ハードロックタイプで気密性が高い
  • クーラーボックス内の空気抜き(気圧バルブ)があるので気圧が上がっても蓋が開けやすい
  • カップホルダー、庫内整理に便利なバスケット付
  • 外部に便利な栓抜きとドレインプラグ(排水栓)付き
出典先:amazon
TARAS BOULBA(タラスブルバ)
¥10,480 (2024/03/04 05:53時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

◆材質   : 本体/ポリエチレン、ハンドル/PVC、ハンドルカバー/EVA
メーカー : TARAS BOULBA(タラスブルバ)
◆商品寸法 : 長さ48.2 x 奥行き36.2 x 高さ35.4(cm)

◆ハンドル : ベイルハンドル
◆重さ   : 8.02㎏

◆容量   : 18L

出典先:amazon





YETI クーラーボックス Tundra 35 タンドラ Tan 25.4L

おすすめポイント
  • キャンパーに人気のYETI
  • 継ぎ目の無いワンピース構造で耐久性も高く、ハードロックタイプで保冷力抜群
  • 厚みがあり頑丈で蓋部分のパッキンが気密性を高め保冷力が高い
  • サイドハンドルが持ちやすい
  • 底面に滑り止めが付いている
  • 南京錠取り付け用の穴があるので便利
  • 便利なドレインプラグ(排水栓)付き
出典先:amazon

YETI
¥48,600 (2024/03/04 05:53時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

◆材質   : ポリエチレン/ポリウレタン
メーカー : YETI(イエティ)
◆商品寸法 : 長さ53×奥行き39×高さ39(cm)

◆ハンドル : サイドハンドル
◆重さ   : 9.07㎏

◆容量   : 25.4L

出典先:amazon




30~50Lのサイズ

igloo クーラーボックス ハンドル・キャスター付き 36L

おすすめポイント
  • 値段が安い
  • 全米でNo.1シェアを誇るクーラーボックスメーカーのigloo製
  • キャリーハンドル付きで移動がスムーズ
  • デイキャンプとしては十分使える
  • お子様のスポーツ応援時の利用として最適
  • 荷物を上に載せてキャリーカートとしても使える
出典先:Amazon
イグルー(Igloo)
¥28,884 (2024/03/04 05:53時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

◆材質   : [内側]ポリスチレン、[外側]ポリエチレン
メーカー : Igloo(イグルー)
◆商品寸法 : 長さ58.4x 奥行き44.1 x 高さ32.7(cm)

◆ハンドル : キャスター付き
◆重さ   : 3.25㎏

◆容量   : 38L

出典先:Amazon



VASTLAND タフクーラーボックス 33.1L

おすすめポイント
  • 最大5cmの極厚断熱剤と蓋部分のパッキンが気密性を高め保冷力が高い
  • 継ぎ目の無いワンピース構造で耐久性も高く、ハードロックタイプで保冷力抜群
  • クーラーボックス内の空気抜き(気圧バルブ)があるので気圧が上がっても蓋が開けやすい
  • 底面に滑り止めが付いている
  • 外部に便利な栓抜きとドレインプラグ(排水栓)付き
  • 南京錠取り付け用の穴があるので便利
出典先:amazon
ヴァストランド(VASTLAND)
¥17,082 (2024/03/04 05:53時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

◆材質   : リニアポリエチレン、ポリウレタン、ポリプロピレン、ラバー、ステンレス
メーカー : VASTLAND(ヴァストランド)
◆商品寸法 : 長さ85×奥行き43×高さ45(cm)

◆ハンドル : サイドハンドル
◆重さ   : 7.2㎏

◆容量   : 33.1L

出典先:amazon


UNPLUGGED CP クーラーボックス ブラック 42.6L

おすすめポイント
  • 黒の武骨なデザインがカッコイイ
  • 180日のメーカー保証
  • 最大3cmの断熱剤と蓋部分のパッキンが気密性を高め保冷力が高い
  • サイドハンドルが持ちやすい
  • 底面に滑り止めが付いている
  • ハードロックタイプで保冷力抜群
出典先:amazon
UNPLUGGED CP(アンプラグドキャンプ)
¥22,980 (2024/02/01 20:51時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

◆材質   : リニア低密度ポリエチレン
メーカー : UNPLUGGED CP(アンプラグドキャンプ)
◆商品寸法 : 長さ65.2×奥行き42×高さ40(cm)

◆ハンドル : サイドハンドル
◆重さ   : 10.45㎏

◆容量   : 42.6L

出典先:amazon


Coleman エクストリームホィールクーラー 50QT 約47L

おすすめポイント
  • 500㎖ペットボトルが23本入る大容量タイプ
  • キャリーハンドル付きで移動がスムーズ
  • お子様のスポーツ応援時の利用として最適
  • 荷物を上に載せてキャリーカートとしても使える
  • 蓋部分の4本分のドリンクホルダーが便利
  • 人気のコールマン社製
  • 便利なドレインプラグ(排水栓)付き
出典先:amazon
コールマン(Coleman)
¥11,512 (2024/02/16 00:20時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

◆材質   : ポリエチレン、ポリプロピレン、スチール、発泡ウレタン
メーカー : Coleman(コールマン)
◆商品寸法 : 長さ58×奥行き46×高さ45※ハンドル利用時の高さ106(cm)

◆ハンドル : サイドハンドル キャスター付き
◆重さ   : 6.5㎏

◆容量   : 47L

出典先:amazon

50L以上のサイズ

igloo クーラーボックス ハンドル・キャスター付き 57L

おすすめポイント
  • 全米でNo.1シェアを誇るクーラーボックスメーカーのigloo製
  • キャリーハンドル付きで移動がスムーズ
  • 下からの熱影響を妨げる「クールライザー」仕様
  • 厚みがあり保冷力も高い
  • お子様のスポーツ応援時の利用として最適
  • 蓋部分の4本分のドリンクホルダーが便利
  • 荷物を上に載せてキャリーカートとしても使える
  • 便利なドレインプラグ(排水栓)付き
出典先:amazon

イグルー(Igloo)
¥13,800 (2024/03/04 05:53時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

◆材質   : ポリウレタンフォーム
メーカー : igloo(イグルー)
◆商品寸法 : 長さ55.2×奥行き46.4×高さ50.2(cm)

◆ハンドル : サイドハンドル キャスター付き
◆重さ   : 6㎏

◆容量   : 57L

出典先:amazon

CHUMS スチールクーラーボックス レッド 54L

おすすめポイント
  • 見た目が可愛いくキャンプで映える
  • 人気のCHUMS製
  • 外部に便利な栓抜きとドレインプラグ(排水栓)付き
  • 全面にウレタンフォームが注入されており保冷力に優れている
  • ロック式のラッチ(留め具)で蓋をしっかりと密閉できる
出典先:amazon

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

◆材質   : アウター : スチール・インナー : ポリプロピレン・フォーム : ポリウレタン
メーカー : CHUMS(チャムス)
◆商品寸法 : 長さ58×奥行き36.5×高さ42(cm)

◆ハンドル : サイドハンドル 
◆重さ   : 8.2㎏

◆容量   : 54L

出典先:amazon

igloo TRAILMATE JOURNEY 約66L

おすすめポイント
  • 伸縮式ハンドル、ビッグタイヤ装備で悪路での移動も楽々
  • 保冷力も高く2泊のキャンプも安心
  • 全米でNo.1シェアを誇るクーラーボックスメーカーのigloo製
  • ドリンクホルダー、取り外し可能な簡易テーブル付き
  • 前面下部にメッシュの小物入れ、その上部に取り外し可能な小物入れが便利
  • 後方に取り外し可能な釣り竿ホルダー付き。傘も立てれます
  • 蓋部分の4本分のドリンクホルダーが便利
出典先:amazon

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

◆材質   : 外側:ポリエチレン 内側:ポリスチレン
メーカー : igloo(イグルー)
◆商品寸法 : 長さ88.9×奥行き50.8×高さ61(cm)

◆ハンドル : キャスター付き 
◆重さ   : 15.74㎏

◆容量   : 66L

出典先:楽天市場

ORCA キャンプ ハードクーラー Coolers 55L

おすすめポイント
  • 継ぎ目の無いワンピース構造で耐久性も高く、ハードロックタイプで保冷力抜群
  • 蓋部分のパッキンが気密性を高め保冷力が高い
  • シャチの尻尾型のラッチが可愛い
  • 便利なドレインプラグ(排水栓)付き
  • 底面に滑り止めが付いている
  • 背面に便利な小物入れ付き
  • 全11色の豊富なカラーバリエーション
出典先:amazon

オルカ(ORCA)
¥64,700 (2024/03/04 05:53時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

◆材質   : シェル/ポリエチレン、フォーム/ポリウレタン
メーカー : ORCA(オルカ)
◆商品寸法 : 長さ68×奥行き49×高さ49(cm)

◆ハンドル : サイドハンドル 
◆重さ   : 16㎏

◆容量   : 55L

出典先:楽天市場

クーラーボックスを上手に使うコツ

せっかく保冷力の高いクーラーボックスを持って行っても、使い方を間違えると十分な保冷効果を発揮できません。

いくつかの点に注意してクーラーボックスを使いましょう。

①食品トレーは持って行かない
肉などを買うと必ずと言っていいほど付いてくる食品トレー。

食品トレーには様々なサイズのものがあり、複数の食材を入れるとかなり場所を取ってしまいます

また食品トレーにはそれなりの強度があるためデッドスペースが生まれ、クーラーボックスを効率よく使うことができなくなってしまいます。

持って行く食材は事前に食品トレーを外し、ジップロックなどに入れ替えてから持って行きましょう。

ジップロックにすることで余った食材も鮮度落ちを少なくし持って帰ることができます。



②ソフトタイプのクーラーボックスを上手に使う
気温が高い夏場などはクーラーボックスでも保冷能力が落ちてしまいます。

キャンプ1日目は十分に氷や保冷剤を入れていても、2日目には全て溶けてしまって食材が傷んでしまう事も良くあります。

保冷能力の低下を防ぐ手段としてハードタイプのクーラーボックスの中に、小さいソフトタイプのクーラーボックスを入れて二重で保冷しましょう。

二重にすることで保冷能力はグンと上がります。

夏場に持って行く鮮度が落ちてしまうと困る食材は、その中に入れて傷むのを防ぎましょう。



③クーラーボックスは涼しい日陰に置く

クーラーボックスに座ったり食材置きなどになどに使って日が当たる場所に置いている事はありませんか。

外気温が高い場所に置いておくと、クーラーボックス内の温度も上がりやすくなります。

クーラーボックスはできるだけ日陰に置いておきましょう。



④開閉回数を少なくする

冷蔵庫と同じで開閉回数が増えるとせっかく冷えたクーラーボックス内の空気も一瞬で逃げてしまいます。

開閉回数は出来るだけ少なくしましょう。

よく使うものとそうでないものを、別々のクーラーボックスに分けておくのも良い手段かもしれません。

鮮度が落ちやすい食材は開閉回数の少ないクーラーボックスに入れておきましょう。


⑤クーラーボックス内に隙間を作らない

クーラーボックス内に隙間が多いと保冷力の低下につながります。

できるだけ隙間を作らないように保冷材などで隙間を埋めましょう。

お茶などの飲み物を凍らせて入れて置くと効率よく保冷力を高めることができます。





【もっと多くのおすすめキャンプギアを探したい人に】

日本最大級のアウトドアメディアhinataが運営する『hinataストア』『hinataレンタル』

毎月数百点の新作アイテムが入荷されていて、いつでも流行のアイテムを見つける事が出来ます。

お気に入りのキャンプギアを購入できるサイトと、まずはレンタルで始めたい人向けのサイトの2種類あり、ニーズに合わせて選ぶ事ができます。

hinataのおすすめPOINT
  • 日本最大級のアウトドアメディアのプロが厳選したアイテムが見つけられる
  • 毎月数百点の新作アイテムが入荷される
  • 購入サイトとレンタルサイトの2種類から選べる
  • チャット相談ができるので初めての方も安心して利用できる


こだわりのキャンプギアを購入したい人

hinataストアのおすすめPOINT
  • ソロキャンパーやファミリーキャンパーなどニーズに合わせた様々な特集が組まれている
  • キャンプギアだけではなくファッションやこだわりの調味料・食品など数多くのアイテムを取り扱っている
  • amazonや楽天市場で取り扱われていない限定商品もあるので、他のキャンパーとギアが被らない



《気になる人はココをクリック》
↓  ↓  ↓  ↓  ↓


まずはレンタルでキャンプ体験をしてみたい人

hinataレンタルのおすすめPOINT
  • テント単品レンタルからテーブルや焚き火台などのフルセットレンタルも可能
  • 設営動画もあるので初心者の方も安心してレンタルできる
  • レンタルギアはキャンプ場に直接届けることも可能なので、電車やバスを使って手ぶらキャンプができる(配達可能なキャンプ場数業界No.1)
  • 高いユーザー満足度 (利用者の89%が満足、94%の方がまた使いたいと回答)



《気になる人はココをクリック》
↓  ↓  ↓  ↓  ↓


タイトルとURLをコピーしました